特待生となるために自ら学校長に抱かれることを選んだ彼女は…